ホーム » ファスティングダイエットの回復食の期間・メニュー・レシピ » うどん|ファスティングダイエット回復食のおすすめメニュー

腸まで生きて届く丸ごと熟成生酵素!

カラダに不可欠な栄養素である酵素が「生」のままサプリメントに!熱を加えず生酵素をギュッと凝縮しているため、腸の中まで生きて届く!いまなら、30日分が500円でお試しできるキャンペーン実施中です!

詳細はこちら

うどん|ファスティングダイエット回復食のおすすめメニュー

回復食として多くの人が取り入れているのがうどんです。消化が良く胃にかかる負担が小さいため、酵素ファスティングダイエットのあとの復食期間に摂るものとしてはピッタリでしょう。

ただ、うどんを回復食として食べる場合には注意しなくてはいけないことがあります。

それは使用する具に関してなのですが、消化の悪いものを口にしてしまうと意味がありませんので、選ぶ具には慎重になりましょう。

消化のいいものをという基準で具を選びさえすれば、毎回異なる具を使用することができますから、味に飽きてしまうのを防止できます。

なお、復食期間の1日目に入れる具は1種類までなので、いきなりあれこれと入れてはいけません。

また、うどんを食べるときには量にも注意が必要です。いきなり当たり前のように1人前食べないほうがいいので、具の量も含めて少なくすることが大事です。

1日目の翌日以降から少しずつうどんや具の量を多くしていきましょう。

そのほか、うどんを主役にする場合には、フルーツをメニューに入れてもいいでしょう。

フルーツはビタミンをはじめとする栄養を補給することができますし、胃に負担のかからないものが多いのでおすすめです。

回復食のメインにはおかゆを選ぶ人が多いですが、アレンジを加えたとしてもそれだけでは飽きてしまうものです。

食事で満足感が得られないとストレスが溜まりますから、たとえばおかゆとうどんを日替わりで主役にすることにより、復食期間の食事を楽しめるようにしましょう。

スポンサードリンク

Return to page top