ホーム » ファスティングダイエットの回復食の期間・メニュー・レシピ » おかゆ|ファスティングダイエット回復食のおすすめメニュー

腸まで生きて届く丸ごと熟成生酵素!

カラダに不可欠な栄養素である酵素が「生」のままサプリメントに!熱を加えず生酵素をギュッと凝縮しているため、腸の中まで生きて届く!いまなら、30日分が500円でお試しできるキャンペーン実施中です!

詳細はこちら

おかゆ|ファスティングダイエット回復食のおすすめメニュー

復食期間に摂る回復食にいいといわれているのはおかゆです。

ただ、おかゆといっても全粥、七分粥、五分粥、三部粥がありますが、これは自分の胃腸の状態に合わせて選ぶと良いでしょう。

胃腸が丈夫だという人ははじめておかゆを摂るときから七分粥で大丈夫ですが、そうでない人は三部粥や五分粥から回復食をはじめるのがいいでしょう。

胃腸があまり丈夫じゃないという人の場合、復食期間の初日は三部粥、次の日は五分粥、その翌日は七分粥と変えていくと負担がかかりにくくなります。

なお、回復食としておかゆを食べる場合には、白米ではなく玄米にすることをおすすめします。というのも、玄米のほうが白米よりビタミンやミネラルの含有量が多いからです。

また、初日のおかゆは白粥にするのが基本ですが、次の日あたりからはトッピングを加えてもいいことになっています。

梅干を入れておかゆを食べることができますし、少しだけなら塩を加えてもいいので、味気ない思いをすることもなくなるのではないでしょうか。

また、さらに日が経つと野菜やあんかけをおかゆに加えることができるため、より食事から得られる満足度を高めていくことができます。

ちなみに、おかゆを作るときには土鍋を使用すると味の仕上がりが良くなります。

そのほか、回復食としておかゆを食べてもいいことになってはいますが、いくら食べてもいいというわけではありません。

初日は特に量を控えめにして、そのあとも腹八分目を超えない量をキープしていくことがたいせつです。

スポンサードリンク

Return to page top