ホーム » ファスティングダイエットの回復食の期間・メニュー・レシピ » 酵素ファスティングダイエット後の回復食で摂ってはいけないもの

腸まで生きて届く丸ごと熟成生酵素!

カラダに不可欠な栄養素である酵素が「生」のままサプリメントに!熱を加えず生酵素をギュッと凝縮しているため、腸の中まで生きて届く!いまなら、30日分が500円でお試しできるキャンペーン実施中です!

詳細はこちら

酵素ファスティングダイエット後の回復食で摂ってはいけないもの

酵素ファスティングダイエットを行ったあとの復食期間は、徐々に元の食事に戻すこと、胃に負担をかけないこと、リバウンドを防止することを目的としていますが、ただチョットずつ量を多くしていくというようなものではありません。

回復食として摂るには相応しくない食べ物があるのです。

たとえばどのようなものが回復食に向かないのかというと、刺激の強い食べ物や脂分の多いハイカロリーな食べ物、固形の食べ物を挙げることができます。

どういう理由でこれらのものを摂るのが良くないのかというと、活動を再開したばかりの内臓が上手く消化できないからです。

酵素ファスティング中は内臓が休止状態にあったわけですが、ファスティングが終わってすぐにこのようなものを口にすると、胃腸だけでは分解や消化を十分に行うことができず、小腸で分解を行わなくてはいけなくなるのです。

これによってどうなるのかというと、消化不良を起こすリスクがあるのです。

さらに下痢の症状を引き起こすこともありますから、消化の悪いものを摂るのは良くないのです。

それから、摂ってはいけないものは食べ物以外にもあります。これは化学調味料のことをいっているのですが、使用した場合には体が通常より強い刺激を受けることになります。

そのため、復食期間が終わるまでのあいだは化学調味料の使用をやめることがたいせつです。

酵素ファスティングを実行するときには以上のようなことに注意しながら復食期間を過ごし、ダイエットが失敗に終わらないようにしましょう。

スポンサードリンク

Return to page top