ホーム » ファスティングダイエットの回復食の期間・メニュー・レシピ » 酵素ファスティングダイエット後の復食期間はどのぐらいとればいいの?

腸まで生きて届く丸ごと熟成生酵素!

カラダに不可欠な栄養素である酵素が「生」のままサプリメントに!熱を加えず生酵素をギュッと凝縮しているため、腸の中まで生きて届く!いまなら、30日分が500円でお試しできるキャンペーン実施中です!

詳細はこちら

酵素ファスティングダイエット後の復食期間はどのぐらいとればいいの?

酵素ファスティングダイエットを行ったあと、重要なのは回復食の期間を設けるということです。

これは復食期間と呼ばれることも多いのですが、復食期間はファスティングしていた状態から普段どおりの食事に少しずつ戻していく期間のことをいいます。

ファスティングしていたときの胃は収縮した状態になっていますから、少しずつ食事を摂るようにしないと強い刺激を胃が受けることになってしまいます。

いきなり前の食事と同じものを摂るとこの刺激が原因で体調が悪くなってしまうリスクがあるのです。

また、ファスティングダイエットをしたあといきなり動物性たんぱく質を多く含む肉などを摂ると、ファスティング中飢餓状態だった胃はこの動物性たんぱく質を余さず吸収するようにはたらくのです。

このため、いきなり元の食事に戻した場合にはリバウンドを招いてしまいかねません。

ファスティング中以上に気を遣わなくてはいけないともいえる復食期間ですが、どの程度の日数に渡り回復食を摂ればいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

これに関して、一般的にはファスティングを行った日数ぶん回復食を摂り続ける必要があるといわれています。

しかしながら、たとえば3日間酵素ファスティングを行ったとして、3日間に渡り回復食を摂るということでは足りないかもしれません。

本当にファスティングの効果を水の泡にすることなく、体調を悪くしたりリバウンドを招いたりしたくないということでしたら、1週間くらいを復食期間として過ごすようにしましょう。

スポンサードリンク

Return to page top