ホーム » 酵素と生活習慣(睡眠・夜食・飲酒など)の関係 » お酒は程々に|少量でもアルコールの分解に酵素をたくさん消費します!

腸まで生きて届く丸ごと熟成生酵素!

カラダに不可欠な栄養素である酵素が「生」のままサプリメントに!熱を加えず生酵素をギュッと凝縮しているため、腸の中まで生きて届く!いまなら、30日分が500円でお試しできるキャンペーン実施中です!

詳細はこちら

お酒は程々に|少量でもアルコールの分解に酵素をたくさん消費します!

酵素とお酒の関係

お酒が好きな人は、「程々にしなさいよ!」と、口酸っぱく言われた経験がある方も居るかと思います。

お酒は適量に飲む分であれば、体を温め、血のめぐりを良くする効果を得ることが出来ますので、酒は一薬の長なんて言われることもありますよね。

しかし、酵素から見れば、少量のアルコールでさえ、アルコールを分解するために酵素をたくさん必要とするため、いいことだとは言えません。

まず、アルコールが体の中に入ると1番に肝臓から、ADHとよばれるアルコール脱水素酵素が出てきます。

その酵素は、アセトアルデヒドに代わり、その後、ALDHと呼ばれるアセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素が出てきます。

最終的に酢酸となり、水と炭酸とに分かれて、外に出ていくという仕組みになっています。

個人差はありますが、私たち日本人はアルコール分解のための酵素が少ないと言われています。

ですから、体の中にある酵素だけでは、アルコールを分解しきれないことも考えなければなりません。

そういった時の救済措置として、ミクロゾームエタノール酸化酵素が出てきますが、ここまでいってしまえば、肝臓に大きな負担をかけていることとなりますので、肝臓がんや肝硬変などの病気を引き起こしてしまうことも懸念されます。

お酒は、ワイワイ楽しく飲むことも出来ますし、日頃のストレス発散として飲まれている方も居ますよね。

しかし、飲み過ぎは体の中に大きな悪影響を及ぼしていることも忘れないでくださいね!

お酒が大好きなのであれば尚更、週に1・2度は、お酒を飲まない日をつくり、体を休めてあげてくださいね。

そうしなければ、お酒が飲めなくなる時が来てしまうかも知れませんから。

お酒をどうしてもやめられないというのであれば、酵素不足にならないように市販の酵素ドリンクやジュースを飲んで補うようにしましょう。 ⇒⇒⇒ 人気の酵素ドリンク飲料はこちら

スポンサードリンク

Return to page top